資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Kohei

2019年3月11日  08:50

お返しのジャパニーズナイト

 

クラスメイトのモハンマドがディナーを作ってくれたから

自分たちもカレーをみんなに作ろうとクラスの日本人で話していた。

 

 

写真はアメリカのエッグベネディクト(おいしい)。

 

6076.JPG

 

 

あと3日でアメリカの大学も終わるので、最後にみんなを自分の部屋に招いた。

 

 

残念ながらモハンマドは予定があり来られなかったが他のみんなで、

あーでもないこーでもないとみんなで協力しながらカレーを作った。

 

6097.JPG

 

台湾人のクラスメイトであるRubyもデザートに台湾風お汁粉と

紅茶のシフォンケーキ(おいしい)を作って持ってきてくれた。

一緒にカレーを作っていた時、クラスメイトのKosuke君が

ニンニクを大量に入れようと提案した。

 

 

味の保証はできないよ~と言いながらたくさん入れたら、

すごくおいしくなった。精が付くね。

 

6120.JPG

 

 

みんな各々お替りしながらカレーは全部なくなった。

 

 

カレーは何度か作っていたので成功したが、

お米は水の分量を間違えたようでちょっと堅かった。

でも全体的に言えば合格点。

さりげなく作っておいたきゅうりの浅漬けも

ジャパニーズピクルスと言って出したら意外と好評だった。

 

 

食べながらKosuke君が

「コウヘイ君が作る浅漬けうまいからな~。」

と言っていた。

 

 

彼は年上へのヨイショがすこぶるうまい。世渡り上手である。

きゅうりをつけただけなのに悪い気はしない。

自分も見習っていこうと思った。

 

 

そのあとRubyが作ってくれたデザートを食べて、みんなで部屋でグダグダ遊んでいた。

途中でまた女の子たちに押さえつけられてこしょぐられる意味のない拷問にもあった。

 

 

そのあと、みんな帰っていき

同じ寮の別の棟に住むKosuke君と夜中まで話してから眠りについた。

 

 

その辺の木にしがみついてでも日本に戻りたくない気持ちだった。

 

 

 

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る