資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Riko

2019年6月25日  08:50

Afternoon tea

こんにちは!Riko です!

今回は、Afternoon Tea について書きたいと思います!

 

イギリスといえば、Afternoon Teaの文化が有名で、イギリス人は紅茶が大好き!という話を聞いたことがある人も多いと思います!

 

私はイギリスにきて、紅茶やケーキをカフェでいただいたことはあったものの、本物のAfternoon Tea を食べる機会があまりありませんでした。

 

本当のAfternoon Tea って?という感じですが、下にのせた写真ようなものです!

 

20170417_riko_23.jpeg

 

紅茶とサンドウィッチ、スコーンにミニケーキなど、美味しいスウィーツなどが積み重なったお皿に並べられています。

もう見るだけで癒される可愛らしい光景だと思いませんか?

 

調べてみると、どうやらAfternoon Tea の文化が広まったきっかけは19世紀まで遡るそうです。

 

当時、イギリスでは流行の最先端は王族や貴族の生活スタイルだったようで、ヘッドフォード公爵夫人のアンナ・マリアが紅茶をのみはじめ、徐々に貴族の中で社交の一つとして楽しまれていたみたいです!

 

イギリスがインドやスリランカなどでお茶の栽培に成功すると、庶民も手軽にお茶を手に入れることが出来るようになり、今のようなお茶文化が広まったそうですよ!

 

ちなみに、日本で人気の飲料水「午後の紅茶」にのパッケージに描かれている女性が、この、アンナ・マリアだそうです!

 

ところで皆さん、Afternoon Tea をいただく際のマナーについて知っていますか?

 

基本的に、コース料理のように塩辛い物から甘い物の順に食べ、一度皿を移動したら変えないというのが昔からのマナーだそうです!(KIRIN,2007) 

 

ロンドンでAfternoon Tea をいただく貴重な機会を得ることが出来てとっても幸せです。

 

今回のAfternoon Tea では、お茶の種類も自由に選べ、私たちはEnglish Breakfastをいただきました。

 

私のお気に入りはスコーンで、美味しいジャムにつけて食べるのが大好きです。

 

20190417_riko_23.jpeg

 

日本だとあまり見ないスコーン用の小さいサイズのジャムもとっても可愛らしいですよね!

 

20190417_riko_27.jpeg

 

このスコーンは、甘さ控えめで、ぱくぱくとたくさんいただけるサイズでとってもいいんです!

私も今度時間があるとき手作りスコーンを作ってみようかなと思います!

 

本場のAfternoon Tea はやっぱりおいしいし、見た目も素敵。

そして、店内の雰囲気も素敵でイギリスファンである私にとっては至福のひと時でした。

 

20190417_riko_25.jpeg

 

ちなみに、雑貨屋さんや家具屋さんなどへ行くとたまに、Afternoon Tea のお皿セットなども販売されているんですよ!

日本では見たこともないものに感動しました!

 

とにかく、今日はイギリスの文化を存分に満喫することが出来てよかったです!!

 

(Afternoon Tea の歴史とマナーについて参考にした資料はこちらです。)

KIRIN(2007)「酒、飲料の歴史」飲み物の話 紅茶の歴史 <https://www.kirin.co.jp/entertainment/museum/history/tea/story4c.html>(参照 2019年4月13日)

 

 

 

 

20190417_riko_24.jpeg

 

 

20190417_riko_26.jpeg

 
 
 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る