資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

akari

2019年2月 7日  08:50

21.Nametag

こんにちは!

UCR特別留学14期生のakariです。

 

 

今日は、私たちがいつも仕事の時につけている

ネームタグについて書きたいと思います。

 

 

このネームタグは、最初のTraditionという、

新しくDisneyで働くひとは全員受ける授業のときに

一人ひとりインストラクターから名前を呼ばれて、受け取ります。

これが、そのネームタグです。

 

nametag1 akari.jpg

 

ネームタグには、名前またはニックネーム、

私たちInternational College Programの場合は、

出身国が”Where Dreams Come True”とともに書いてあります。

これは、仕事中は必ず付けることが義務付けられていて、

もし忘れてしまった場合には、職場のコーディネーターやリーダーに、

代わりのネームタグを貸出ししてもらうことができます。

 

 

そして、この写真を見て分かるように、英語以外に話せる言語がある場合には、

ネームタグの下のほうに金色のランゲージタグもつきます。

私たちは、日本人だということで、Traditionで受け取った時から

”日本語”がついていましたが、これ以外にも第三言語以上話せる場合には、

電話でのテストを受けて、パスすれば、

その言語のランゲージタグもつけることができます。

キャストの中には、Guest Relationなど、

3、4言語話せる人もいて、驚かされました。

nametag2 akari.jpg

 

そして、これは、私の2つ目のネームタグです。

実は、新しいネームタグを作ってもらうこともできます。

各パークやリゾートのCostuming(コスチュームの貸し出し返却を行うところ)にいって、

注文して、2~3週間後にできあがります。

しかし、個人的にでき上がったという連絡などは来ないので、

自分で確認しに行く必要があります。

新しいネームタグを作るのは、汚れや故障だけでなく、

名前やニックネームの変更、私のように出身地を入れたりすることができます。

 

 

自分が持っている古いネームタグとの交換なら無料、

古いものはキープして新しいものを購入する場合は5ドルかかります。

支払いは、次のお給料から引き落とされるので、

現金やカードを持っていかなくても大丈夫です。

 

 

仕事中、ネームタグを見て、ゲストの方々が、

”Thank you for your help, Akari.”と名前を呼んでくれたり、

Oh, you are from Japan!!!”など話しかけてくれたり、

そこから会話が発展したりと、ネームタグは

キャストとゲストのコミュニケーションのきっかけを作ってくれます。

私のこのインターンシップでのゲストとのエピソードの多くは、

このネームタグのおかげだったりもするので、

今後UCR特別留学に参加される皆さんは、

キャストの、そして日本人の誇りを持って、

自分の呼ばれたい名前の書いたネームタグをつけて、仕事をしてください!

 

 

それではまた(^^)/

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る