資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

ayana

2018年6月29日  08:50

#3 UCRの授業について

こんにちは!

UCR特別留学中のayanaです。

今回はUCRでの10週間プログラムの授業について紹介していきたいと思います。

 

初日に学校でクラス分けのテストが行われます。

レベルが500以上だとテストを受けた直後に選択授業を選びます。

私は600だったのでOral Skills Developmentの授業を選択しました。

 

私の時間割はこんな感じです。

 

9:00~10:50   Reading & Writing

11:00~12:00   Academic Skills

2:00~4:30    Oral Skills Development (火・木のみ)

 

授業数は少ないですが、毎日宿題が課せられるので決して楽ではなかったです(笑)

 

Reading & Writingは私のクラスの場合、

最初の5週間でReading、最後の5週間でWritingをしました。

Readingはパッセージを読んで問題を解いていく形式の教科書を使い、

これらを宿題として各自が解き、次の日の授業で答え合わせをしてました。

またGrammarも少し取り入れてくれました。

 

Writingは先生が選んだトピックについて読んだり、

時には自分で探し出して情報を得たりしたのちにエッセイを書いていきました。

Argumentative essayなどの書き方を指導してくれます。

こまめにフィードバックしてもらえたのでとてもよかったです。

 

Academic Skillsではメモの取り方や自分のとったメモから要約することをはじめ、

グループでビジネスプランをたてたりと基礎的なことから応用まで学びました。

授業内でプレゼンテーションが多かったです。

 

Oral Skills Developmentではspeakingに重点を置きます。

Idiomや電話のかけ方など日常生活で使う英語をたくさん学べる授業だと思います。

2時間英語で話すのでspeakingの力を伸ばしたい人におすすめです!

 

アメリカのルーズリーフは日本のものとサイズが違うため,

日本から持ってきたものは使えません!

荷物になるだけなので持ってこないほうがいいと思います。

写真はUCRで使っているルーズリーフとファイルです。

授業は人それぞれ違いますがファイルはみんな使っています。

 

20180621_ayana_01.jpeg

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る