• アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

ブログ情報局

テーマ別・学生別に読む

をクリックで詳細カテゴリ

Honoka

2017年6月14日  08:50

⑥Elective class -Oral Skills Development-

 

 

 

こんにちは!UCR特別留学中のHonokaです!

 

 

今日はUCRの授業の中にある、選択科目について紹介します。

 

 

UCRに来て最初に受けるレベル分けテストで500レベル以上を取る事ができたら、必須科目にプラスして選択科目を選ぶことができます。

 

 

 

 

 

500レベルの生徒が選択できる科目は

 

・Advanced Vocabulary 

・Business English

・Oral Skills Development 

・Reading and Vocabulary

 

600レベル以上の生徒は

 

・Grammer Writing も選択でき、

 

700レベル以上の生徒は

 

・Global Issues も選択できます。

 

またIELTS, TOEFLの授業も500以上の生徒は選択する事ができます。

 

 

 

 

 

そしてこれらの科目はPCのレベル分けテストが終わり、500以上だったらすぐその場で希望を選択するので、あらかじめ取りたい科目について知っておくと良いと思います♪

 

 

その場で選択科目についての基本的な内容が書かれた小さいプリントはもらえますが、実際どんな授業か想像できないですよね(笑)

 

これが今回もらったプリントです。

 

IMG_7619.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7620.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はその中でも「Oral Skills Development」を選択したので、この授業について紹介します!

 

 

この授業はその名の通り、主にSpeakingの授業です。授業の中で、ペアで会話をする事が多いです。

 

 

席は毎回くじ引きで決めるので、クラスの人と満遍なく会話をする事ができます。

 

 

グループでロールプレイングをすることもあります。

 

例えば最近だと、complainする場面をグループごとで考え、みんなの前で発表しました。

 

授業の雰囲気はとてもよく、会話を通して友達もたくさんできます!

 

 

また、会話だけでなく、新しいイディオムやフレーズをたくさん学ぶこともできます。

 

最近私が学んだ新しいフレーズは「Can I have a sip?」です。「一口飲ませて」という意味です!

 

 

この授業のFinalは筆記テストではなく、みんなの前でのスピーチです。

 

4〜5分程度のスピーチで、今回のトピックは自分の将来についてでした。

 

将来といっても、遠い将来でも、近い将来の予定でもオッケーでした!

 

 

 

私は素直にこの授業をとってよかったと思っています!

 

しかしこのOral Skills Development、人気のため結構抽選から外れてしまう人が多いです。私の友達も何人か落ちて、第二、第三希望の教科になっていました。

 

 

しかし、Electiveの科目はどれも良い授業だと思います!

 

 

実際に授業を受けていた先輩に聞くと、授業の具体的な内容がわかっていいと思います♪

 

 

 

それでは、See you real soon! 

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。