資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

AKIO

2018年2月26日  08:50

蘭 #60 オランダ留学 まとめ

こんにちは!

HU(Hogeschool Utrecht)のAKIOです。

 

ついに留学が終わりました。これが最後の投稿になります。

 

DSC_0321_Fotor copy.jpg

 

DSC_0314_Fotor copy.jpg

オランダを出発する日の前に撮った写真です。

オランダで4番目に大きい街ですが、人口約35万人ほどと、私の出身地、四日市とそんなに変わらない大きさです。

そのためかとても居心地がよかったです。

 

さて、去年、2017年1月31日に出発して2月1日に現地到着したことが昨日のように思い出されます。

そして今年2月5日に現地を出発し、日本に翌日着しました。

実に1年と約1週間の留学と、長い海外滞在になりました。

 

私の帰りのフライトスケジュールは、昼11時45分アムステルダム発、ヘルシンキで乗り換え、名古屋に翌日の10時前に到着でしたが、15時間しかかかっていません。Finnairでした。

オランダに来たときはシンガポール航空で、ほぼ一日かかっていたのでそれに比べるとなんと速いことか!

 

あまり疲れもなく、元気な状態で無事に日本にたどり着けてよかったです!

 

今回はオランダ留学のまとめということで、変わったことや持っていってよかった物、いらなかった物をつづりたいなと思います。

 

 

 

変わったこと

 

・最初から学部授業

難しい内容に最初からついていくのは大変です

ましてやただでさえ日本とはレベルが違うので、最初慣れるまでに時間がかなりかかると思います

 

 

・オランダ語の環境は少し苦労する

スーパーや街中の案内はほとんどオランダ語なのでオランダ語の辞書がいる(⑮番目の記事で紹介した蘭英・英蘭辞書が役に立つ)

 

 

1年まるまる留学できるのはいいこと

他の国への留学は9ヶ月~10ヶ月ほどなので、オランダだけでなく、ヨーロッパの文化を知る機会が多い

 

 

・自転車好きになった

坂や山がなく、平坦なので自転車でどこまでもいける

 

 

・オランダの考え方を知ってファンになった

多様な価値観に触れることで、物事に対して柔軟な考え方を持てるようになった

また、日本を外から見て、オランダやその他のヨーロッパ諸国の価値観と日本のそれを比較することで、いいところ、悪い所を知ることができた

 

 

・雨がしょっちゅう降るがすぐにやむので傘を差したことはない

ウィンドブレーカーや撥水・防水の服やカバンがいる

 

 

・現金拝金主義からカード主義に

オランダは現金が使えない店が増えてきたり、カードはカードでもクレカじゃなくてデビットカードしか受け付けない店があったりするのでカードの便利さを知った

 

 

・英語力増加?

英語に関しては生活するのに困らないレベルの英語力、そして授業で自分の意見を滞りなく述べられるだけの英語力はついたと感じます

全てを理解するのはまだまだ難しいので、そこはもう少しさらに慣れないといけないかなと思いました

 

 

 

持ってきてよかった物

 

・お茶の粉(もしくはほうじ茶のパック?)

これは持ってきたのではなく後から送ってもらったのですが、オランダは水道水が飲めるので、お茶の粉や何かしらのパックを持ってこれば手軽にお茶を楽しめるので、オススメです

 

 

・自転車のライト

オランダ留学の場合、自転車に乗らずに生活することはできないので、自転車生活に必要なライトをあらかじめ日本で用意していくと良いでしょう。アマゾンで質が高い物を安く買えるのは日本ぐらいなので!

 

 

・ノートパソコン

これは持ってきてよかったというか、授業を受けるのに必要な物なので、必須です

オランダの授業では授業中にノートパソコンでノートテイクをしたり、調べ物がすぐにできるのでほぼ全員が授業中にパソコンを開いています

また、ある授業では授業内に課題としてプレゼンを作ることもあるので、グループワークなら別ですが、パソコンがないと作業ができないこともあるのでノートパソコンを持って行くことを強くオススメします

 

 

・部屋の靴

自分の部屋では靴を脱ぎますが、共同スペースに行ったり、シャワー、トイレに行くときは靴を履く必要があるので、クロックスのような靴を用意していくと便利でしょう

 

 

・ウィンドブレーカー、撥水、防水のフード付き服&折りたたみ傘

上記でも記しましたが、オランダは雨がしょっちゅう降りますが、たいていの雨はたいしたことなかったり、すぐにやんだりするので現地の人はほぼみんなフードで対応します

傘を買う必要はないですが、出先で急な雨にも対応できるように折りたたみの傘を持っていくといいと思います

 

 

・包丁

留学すればみな自炊すると思います

僕は結構料理好きな方なので包丁でカカカカカッと気持ちよく切りたいのですが、寮に置いてあった包丁の切れ味の悪さにびっくりして、現地でいい包丁を買ってしまいました笑

預け荷物で持って行けば問題ないので、気持ちよく料理をしたい方は使い慣れた自宅の包丁を一本持って行くといいかと思います

 

 

思いつく辺りではこんなところでしょうか

 

 

 

いらなかった物

 

・暖かい服

オランダは北海道のサハリン・樺太と同じ緯度にあるので、かなり寒いのと想像しましたが、実際はオランダは海に面しており、西大西洋海流のおかげで冬でもかなり暖かい気候です。名古屋と同じか少し暖かいぐらいなので、暖かい服を何着も用意することはないです

しかし、旅行する場合に備えて寒さ対策をできるぐらいには持っていくといいでしょう

いろいろ言いましたが、服は現地でも買えるので、そこまで心配することはないかなと思います

 

 

・日本のおみやげ

誰にも渡しません

何か求められたらお茶の粉を分けて一緒にお茶を飲みましょう

 

 

・日本料理

意外と現地で何でもそろいます

 

 

箇条書きにまとめたのでかなり簡単な内容になっています

これがオランダに留学する人への参考になれば幸いです

 

それでは!

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る