資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

AKIO

2018年2月21日  08:50

蘭 #58 オランダで行くべき美術館・博物館

こんにちは!

HU(Hogeschool Utrecht)のAKIOです。

 

今日本に帰る前にオランダを少し旅行しているのですが、行きたいと思っていた美術館にまとめていくことができたので、今回はオランダの美術館・博物館についてです。

 

 

オランダは美術館カード(ミュージアムカード)なるものがあります(⑪番目の記事参照)

約60ユーロですが、オランダの美術館・博物館は一回の入場料が10ユーロから20ユーロまでと、かなりするのでほとんどのところで待ち時間なしで入れますし、数回行くだけで元が取れます。

美術品に興味がなくても、オランダの美術館は外観や内装が綺麗なところばかりなので、入ってみるだけでもなかなか楽しいですよ。

これは少しあれですが、オランダはトイレを利用するのにお金がかかります。

ですので、ミュージアムカードを持っていれば出かけた先で美術館を利用しつつ、トイレを利用すれば数も多く、清潔なトイレを利用することができます笑

 

それはさておき、個人的にオランダに来たらぜひ行って欲しいと思う美術館・博物館を紹介します。

これらは全てミュージアムカードを使って無料で入れます。ミュージアムカードは全て無料で入れるわけではなく、施設によっては割引のみにとどまることもあります。

 

 

 

アムステルダム国立博物館

アムステルダムの真ん中に位置し、いつも人でいっぱいのI amsterdamのサインがある広場の前にあります。

国立博物館にはレンブラントやゴッホの作品、そして中世の戦闘用具などが展示されています。

 

ca592286be6bbcfe552588199fa3c63ad530189f.jpg

 

 

DSC_0028 copy.jpg

一番の目玉はレンブラントの夜警なので、いつもひとだかりができています。

 

 

 

ゴッホ博物館

同じくさきほどのアムステルダム国立博物館のすぐ近くにあり、ひまわりの絵や自画像といったゴッホのほとんどの作品や、フランス時代に共に生活して絵を描いていたゴーギャン、そしてポールセザンヌの絵も貯蔵されています。

かなり見応えがあるのでゆっくり時間をかけて鑑賞すると良いでしょう。

 

a480005d41331ec98767c8f410bbbd96c21093f6.JPG

439b196a745de73dbb4b5acf3eb04f4558718c4f.JPG

 

アンネフランクの家

言わずと知れたアンネフランクの家ですが、現在はリニューアル工事中で、オンラインでの予約客しか受け付けていません。そして予約は2ヶ月先までできるのですが、1ヶ月先までほぼ埋まっていますので、アムステルダムに行くことが決まっている場合はお早めの予約を!

 

 

 

 

ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

この美術館はかなり大きな美術館で、ロッテルダムにあります。

 

 

レンブラントやモネ、ロダンといった中世以降の作品だけでなく、現代の画家の作品や草間彌生の作品が一点展示されています。

この美術館の見所はオランダの画家ブリューゲルの「バベルの塔」です。

私が行ったときは運悪く特別展示の準備中で、バベルの塔にお目にかかることはできませんでしたが、すごい迫力だと思うのでぜひ行ってみて欲しいです。

 

ロッテルダムには近代的なロッテルダムの成り立ちや街作りについて詳しく解説している「ロッテルダムミュージアム」や奇抜な形をした家「キュービックハウス」、そのキュービックハウスの近くにはカラフルなデザインが施された「マーケットホール」などがあります。

ロッテルダムにはダッチデザインのクールさを味わえる場所がたくさんあるので、デザインに興味がある方にはオススメです。

 

DSC_0422_Fotor copy.jpg

IMG_5536_Fotor copy.jpg

モネの作品です。

 

DSC_0425_Fotor copy.jpg

かなり面白い現代作品が色々おいてあります。

 

 

マウリッツハイス美術館

この美術館は国際司法裁判所の本部があるハーグにあります。

ハーグはオランダの行政の中心であるからかあまり観光のイメージがないのですが、実は見応えのある美術館・博物館が多くあります。

 

このマウリッツハイス博物館にはフェルメールの「耳飾りの少女」がありますし、他にはJan steerという作品が面白いです。

この博物館の内装はとても綺麗なので雰囲気を味わうだけでも楽しいと思います。

あまり規模は大きくないので1時間もあれば一個一個鑑賞することができるでしょう。

 

 

デンハーグは他に、だまし絵で有名なエッシャーの博物館、360度パノラマの絵画が展示されている「メスダフ博物館」、そしてオランダをミニチュアで再現した博物館「マドローダム」など、観光で訪れても楽しい場所であると思います。

 

DSC_0431_Fotor copy.jpg

f79d3e5bf97bfb01cd125861ecfcbeac354f5302.jpg

内装がとても綺麗です。

 

DSC_0438_Fotor copy.jpg

やはりこの作品が一番の目玉でしょう。

フェルメールによる「耳飾りの少女」です。

 

 

 

 

 

簡潔ではありますが、私がオランダで訪れるべきと思う美術館・博物館を紹介させて頂きました。

 

オランダには本当にたくさんの美術館や博物館があるので、芸術好きな方はぜひ色々調べて訪れてみて下さい!

 

それではまた!

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る