資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

AKIO

2018年2月 9日  08:50

蘭 #55 北欧+バルト+その他旅行記①

こんにちは!

HU(Hogeschool Utrecht)のAKIOです。

 

やっとテストが終わりましたが、すごい開放感です笑

授業があと少しありますが、帰国までの2週間を有意義に使いたいと思います。

 

さて、今回は冬休み中の旅行について記したいと思います。

夏休みは東の方のヨーロッパ、中欧の方を回りましたが、今回は上に行ってみました。

北欧の国と、バルト三国、そしてポーランドの首都ワルシャワ、ドイツの首都ベルリンと回ってきました。

 

3部構成でお送りしますので、ぜひご覧下さい!

 

 

最初にアムステルダムからヘルシンキまで飛行機で飛び、そしてフェリーで海を渡ってエストニアという国に行き、そこからは陸路でずーっとドイツまで行きます。そしてそこからは飛行機でアムステルダムに帰る旅程でした。

予算としては8万円もしないぐらいではないでしょうか。

僕は北極圏にも行ったので、もし北極圏に行かなければ5万円もしないと思います。

 

まずアムステルダムからヘルシンキまでは飛行機ですが、2時間ぐらいの距離で7000円ぐらいでした。

これ何度も言ってるのですが、日本で飛行機というと金持ちの旅行みたいな?学生が簡単に乗れる物じゃないって僕もずっと思ってましたが、東南アジアの旅行や、ヨーロッパの旅行と色々経験すると、全然そんなことないって思うようになりました。

ヨーロッパに来たらぜひ色々旅行することをオススメしますね!

固定観念がなくなるので!

 

フィンランド(Finland)

フィンランドは首都のヘルシンキ(Helsinki)サーリセルカ(Saariselka)という北極圏の街に行きました。

 

ヘルシンキは北欧の国の一つということで北欧デザインをこの目で見てみたかったので行きました。

実際、ヘルシンキの街中を歩いたり、建物の中に入ると、洗練されたデザインが施された風景が目に飛び込んできます。

それでは美しい北欧デザインの一部をご覧に入れたいと思います。

IMG_5221_Fotor copy.jpg

まずはヘルシンキ中央駅。

世界で最も美しい駅の一つに数えられます。中も駅とは思えないほど美しいです。

 

DSC_0513_Fotor copy.jpg

フィンランドなのにロシアを感じさせます。ロシア正教の建物っぽい?

ちょこっと歴史のお話をすると、フィンランドは12世紀から18世紀頃までスウェーデンの属国だったのですが、ナポレオン戦争でスウェーデンがフランスにナポレオンに負けるとロシアに譲渡され、ロシアの属国となったので、歴史上ロシアの文化が少し入っています。

なのですが、これはフィンランド正教だそう… よくわかりません笑

 

DSC_0032_Fotor copy.jpg

DSC_0053_Fotor copy.jpg

次は世界でも珍しい岩でできた教会です。

なんでもフィンランド人はここで結婚式を挙げることが夢なのだそう…

日本だと地震が起きたことを考えると岩での建築物なんて作れませんよね。

 

IMG_5264 copy.jpg

世界一美しい本屋さんの一つと賞されています。

本に囲まれるのが好きなので、こういう空間にいつまでもいて本を読みながら過ごしたいと思うのは私だけでしょうか?

 

DSC_0558_Fotor copy.jpg

6132e7517e0b183ca57dc8e715d16359b783184a.jpg

夜のヘルシンキはイルミネーションが美しいです。

寒いと思ってましたが、海が近いからかな、そこまで寒くありませんでした。

 

IMG_5223_Fotor copy.jpg

そしてフィンランドからエストニアに行くためにフェリーに乗ってバルト海を渡ります。

この音符マークが可愛くないですか?

フェリーの料金は思ったほど高くなくて、9ユーロほどで乗れました。

いつもこんなに安いわけではなくて、普通は20ユーロぐらいするらしいのですが、シーズンオフだからか、僕がみたときは9ユーロの便がありました。

フィンランドの物価は高いので、地元の人も物価が安いエストニアに行って買い物に行くこともあるそうです。

往復費を考慮してもそちらの方が安いってことですね。

 

 

というわけで、フィンランドを離れてバルト三国の一つ、エストニアに足を踏み入れます。

次回はバルト三国の三カ国をまとめて紹介します。

 

それでは!

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る