資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

AKIO

2018年2月 2日  08:50

蘭 #54 試験について in NL

こんにちは!

HU(Hogeschool Utrecht)のAKIOです。

 
ただいまテスト週間です。
 
オランダのテストって気のせいかめっちゃ難しいし、採点が厳しい気がするんですが、これ、気のせいじゃなくて、10点満点で、だいたいみんな6点前後が普通だそうです。
合格点が5.5なのですが、10点満点はほぼ不可能でみんな5.5~6.5点ほどしかとれないです。
GPAもかなり低くなってしまうので、オランダの学生はGPAで判断するアメリカとか留学いけないんじゃないかなとか思ってしまいます。
 
でもオランダの学生はオランダの大学院にいったりするようで、むしろ世界各国からオランダの大学院に勉強しにきたりする学生が多いようです。
 
アメリカではMBA課程は通常2年ですが、オランダでMBA課程を履修すると1年ほどで修めることができるらしいです。
 
オランダの考えに色々触れていますが、本当にオランダという国を知れてよかったなと思えるぐらいオランダの考え方が大好きです笑
 
 
 
さて、今回はテストについてのお話ですが、HUのテストの説明をしていきたいと思います。
 
 

オランダは大学によってテストに関するルールや登録方法が違ったりするようですが、今回はHUのテストの流れを説明します。

 

まずテストの登録ですが、これは授業を履修登録して、履修期間に授業を登録すると自動でテストも登録されているので、特に何かをする必要はありません。

ですが、先生方からちゃんと確認するようにいわれるので、テストの登録期間(授業履修期間とはまた別)になったらクラスメイトと一緒に確認し合ったりするといいでしょう。

 

基本的に授業が7.8回終わった後にテストがあります。

テストの形式は筆記試験だったり、口頭試験だったりと色々ありますが、私の場合は筆記試験とレポートの両方で、それぞれ10点満点中5.5以上を取れば単位取得になります。

 

この5.5が遙か遠いかなたにあるように感じます…

 

というのも、HUでは追試験が2回あり、合計で3回受けられるのですが、最初の試験と同じ人数ぐらいが追試に再びいます笑

私も例外ではありません(涙)

テストの内容は一概にこれといえませんが、どの先生も共通して言うのは、「学んだことをそれぞれ理解しておくのはもちろん、それらをリンクさせ、そして自分の考えを学んだことを使って説明できるようにすることが一番大事」ということです。

テストは基本的に全てOpen Questionで全部相当量の文章を書くことが求められます。

 

追試に関して言うと、学期の前半のTermで受けた試験で及第点がとれなかった場合、次のTermの試験の次の週に追試Weekがありますので、そこで追試を受けます。

そして万が一そこでも及第点がとれなかった場合、その1ヶ月か2ヶ月後に追試Weekが再びあるようなので、そこで受けます。

 

追試は自分で登録する必要がありますので、先ほどいった授業登録期間に、もし前Termの試験で及第点がとれず、追試を受けたい場合はそこで追試の登録をします。

 

後は現Termの試験勉強と追試の勉強を一緒に頑張ることです(量多すぎ)

 

現地の学生も授業が多すぎるので、絞って授業を選択する人も多いです。

 

 

そんな感じでオランダのHUの試験の説明でした。

 

帰国まで残り3週間を切りましたが、最後まで頑張りたいと思います。

 

それでは!

 

DSC_0238_Fotor copy.jpg

自転車+運河はオランダっぽい一枚ですよね。

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る