資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

AKIO

2018年1月11日  08:50

蘭 #51 HUの授業について④

あけましておめでとうございます。

HU(Hogeschool Utrecht)のAKIOです。

 

IMG_5146_Fotor copy.jpg

大学の図書館の隣にアイススケートリンクができてました。オランダの冬の風物詩ですが、ヨーロッパは割とどこでも見かけるんですよね。

まだ一度もやったことないですが、難しそうです笑

機会あればチャレンジしてみたいです。

 

 

今回はHUに留学しているもう一人の名外大生から授業についてお話を伺いました。

 

彼女が選択したコースはEnglish Language and cultureです。

 

 

この授業ではコースの名の通り、英語について、そしてアメリカとイギリスの文化について理解を深めていきます。

英米語学科なのでビジネス科目を取る必要がなく、優しそうなこの授業にしたそうです笑

それでもこういった授業を取ることで英語に対する理解をより深めることができるでしょう。

 

このコースは6つの授業で構成され、それぞれ前半・後半タームで3つずつです。

前半は

  • American Culture
  • Grammer and Basics
  • Speaking and Writing

 

後半は

  • British Culture
  • Cambridge Exam Training
  • Advanced Speaking and Writing

Cambridge Exam Trainingは選択コースのひとつで、他はBusiness EnglishとLiteratureの二つから選べます。

 

授業はケンブリッジ検定試験の授業だけ3時間一コマで、それ以外は2時間が2コマずつ、週に3回ほど学校に行きます。

 

 

American Culture

 

アメリカの文化について学びます。

他の国に比べるとまだまだ短い歴史ですが、その中で興味深かったのは移民の流れだそうです。

もちろんアメリカは先住民や南米の人々を中心とするインディオの人々が住んでいたわけですが、西欧諸国の人々にとって、アメリカ大陸を発見したことは、当時世界史上の一大事件だったわけですね。

それから移民が増えていくわけですが、大きく分けて4つのブームがあったと言われています。

1次イミグレーション → アングロサクソン

2次イミグレーション → 東ヨーロッパの人々

3次イミグレーション → アジア系

4次イミグレーション → アジア系と南米を中心としたスパニッシュ

 

という風に移民が増えていき、今のアメリカができているわけですね。

 
こういったことを勉強していくのがこの授業です。
 
そしてある出来事についてプレゼンやディスカッションを何度かしたりします。
 
 
 

Grammer and Basics

 

名の通り、グラマーと基礎を勉強していきます。

このコースはオランダ人がほとんどなので、オランダ語と比較しながら進めていくという形式です。

私たちが日本語で英語を勉強するような感じですね。

ちなみにこの時の日本語やオランダ語はメタ言語といい、言語を説明するための言語、という意味で言語学の世界で使われます。

 

英語だけでなく、オランダ語も勉強できて面白そうです。

 

 

Speaking and Writing 

 

スピーキングとライティング能力を上げるための授業です。

 

ライティングは日本にいるときのような感じで、ひたすら書いていって勉強する、という形ですが、スピーキングはかなり矯正されるようです。

オランダ人は英語得意でみなが普通に話せるとはいえ、プレゼンとかになると難しいようです。

 

まぁ彼女も例外ではなく、もとから英語の発音が比較的いい方ではなかったのでかなり指摘され、日本でも人前に立つと緊張で口が回らなくなると言ってました。

 

そういうとき、日本では人前に立ったら、聴衆のことをじゃがいもと思え!なんていいますが、これをオランダ人に言ったらめちゃくちゃ笑われたそうです笑

 

 

 

British Culture

前半はアメリカの文化でしたが、後半ではイギリスの文化について勉強します。

前半はおおまかに歴史の流れを勉強する感じでしたが、イギリスの文化では一つの物事、出来事に対して、ディスカッションして深く掘り下げていく感じで勉強します。

こちらもプレゼンが数回あるようです。

 

 

Cambridge Exam Training

 

この授業はケンブリッジ英語検定の試験対策のようです。

イギリスの大学に入学したり、仕事するときに英語の能力証明として有名ですが、これがまた難しいそう…

授業でほぼ全くわからないので試験でちゃんと解けるか不安だそうですが、まぁ頑張れとしかいいようがないです笑

 

レベルで言えばIELTSの7.0以上、英検だと1級レベルなので、普通の外大生だと難しいんじゃないでしょうか。

 

 

Advanced Speaking and Writing 

 

前半のスピーキングとライティングの発展版ですね。

内容はほとんど同じで、レベル的にもあまり変わらないそうです。

 

 

 

同じ大学に留学しているにも関わらず、彼女とはあまり会うことがないです。

そんなに連絡を取ることもないのですが、旅行をかなり楽しんでいるようです。

後半の学期になってからもポルトガルやベルギー、モロッコに旅行したりと、ヨーロッパに留学しているという特権を大いに利用しているようです。

 

 

HUの授業の授業を一つ、紹介させて頂きました。

たんたんと内容だけつらつらと書いたので、あまり面白くなかったと思いますが、真面目な話というのはこんな感じになってしまうんでしょうね。

次回は寮生活の一部’を紹介したいと思います。

 

それでは!

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る