資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Aoi

2020年2月14日  08:50

#20 DELF B2受験

こんにちは!アンジェカトリック大学に留学中のAoiです。

 

今日はフランス留学生なら(おそらく)誰もが受験を考えるであろうDELFを受けに行ったお話をしようと思います。

 

私は大学付属の語学学校でもB2のクラスにいたので、B2を受けに行きました。

 

一番近くのアンジェでは半年に一回しか行われないため、電車で1時間程度のトゥールで受けることに!

トゥールでは、B2はほぼ毎月一日、木曜日に行われており、受験者が多いと木曜日と金曜日の二日間に渡って行われるそうです

 

私が受けた月は受験者が少なかったので、木曜日のみでした。

 

スケジュールはこんな感じ。

 

9:00〜9:45 production oral 

14:00-14:30 compréhension des oraux 

14:35-15:35 compréhension des écrits 

15:35-16:35 production écrit 

 

一日で終わる代わりに、朝早かったので、一緒に受けに行った友人とトゥールに前泊しました。これが大正解

 

DELFの約一週間前にストライキがあったのですが、ストライキの影響の電車が全てキャンセル!まさか1週間経っても通常運転しないなんて誰も思ってもおらず、バスも真夜中にしかないため大パニックでした。(このストライキは一ヶ月以上続くことに…)

 

が、車を使い予定の2時間後にはなんとかたどり着きました(T-T)

 

受験票に赤字で「ストライキの公共交通機関の妨げにより遅刻等で受験できなくなった場合でも返金は致しかねます」と書いてあったので、朝の電車をとっていたら180ユーロ水の泡になるところでした…危なかったー!

 

受けた感想は、Production écritとCompréhension des oraux が難しかった、しっかり対策しておくべきだったな…という感じ。よく週明けに出た結果にもそれが出ていましたが、

 

無事合格でした★よかった!

 

次はC1を目指して頑張りたいと思います。

 

写真はトゥールの市庁舎です。昼は見ても美しいのですが、夜のライトアップも美しかったです。

 

IMG_3705.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る