資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

AYANO

2018年6月 4日  08:50

#6 カルカッソンヌ

こんにちは、AYANOです。

前回のアンジェ、パリ旅行に続き、

今回はカルカッソンヌに行ってきました!

トゥールーズからTGVで約1時間、

安いと片道10ユーロほどで行けるので、

安いし日帰りでも余裕で楽しめました。

 

 

城塞都市として有名なカルカッソンヌは

すごく大きくて、めちゃくちゃ歩きました、、

スマホを見たのですが、20km歩いたらしいです(笑)

 

 

お城にたどり着くまでの道には、

お土産屋さんがたくさん並んでいたのですが、まずはお城を見に受付へ。

色々な言語のガイドブックがあったのですが、

その中に日本語があったので、日本人の方も多く来ているということだと思います!

トゥールーズに来たらカルカッソンヌもぜひ行って見てください!

知り合いの人から聞いた話によると、

ツールドフランスの通過点にもなっているみたいなので、

タイミングが良ければ見られるかも、、?

 

 

お城にはビザのおかげで無料で入れました。

お城の中は1時間ほどあれば回れるくらいの大きさで、

その後に一番楽しみにしていた名物のカスレを食べに近くのレストランへ。

6fd7b991dfed0895db5d0ce11661f3dfc7a5ab64.jpg

これがカスレです。熱すぎてちまちまとしか食べられなかった(^_^;)

カスレとは白インゲン豆とソーセージを煮込んだ料理なのですが、

思った以上にボリューミーで、その上コースで注文したので前菜と

デザートも付いてきて食べた後はしばらく動けなかったです(笑)

子豚の蜂蜜グリルもあり、このお店でしか食べられないみたいなので、それもおすすめ!

骨があって若干の食べづらさはありましたが、本当に美味しかったです!

デザートのガトーショコラとコーヒーをいただいて、

次は城壁を歩きながら散策することに。

 

 

道には石が敷き詰められていてデコボコしているので、

注意しながら歩かないと怪我をしてしまう可能性があるのでヒールはおすすめしません(笑)

高いところに来ると、街を見渡すことができます。

煉瓦色の家が多く、トゥールーズと似たようなところが感じられます。

 

 

お城とその周りを歩くだけでなく、

拷問博物館というものがあったので興味本位で入ってみることに、、

撮影禁止だったので写真はありませんが、

本当に使われていた物を見たら体の力が抜けていきました、、

そして、お土産などを見て少し暗くなってきた午後7時に

お城全体を見られるところまで離れ、ライトアップを!

時間が経つにつれてだんだん光が強くなっていって、とても綺麗でした。

 

 

20時のTGVに乗り、21時過ぎにトゥールーズに帰ってくるという

充実した1日の過ごし方でした。

最後に19時のカルカッソンヌのライトアップを!

20180523_AYANO_08.jpg

時間が経つにつれてより明るくライトアップされていくので、

何分か見ていたら変化も楽しめると思います!

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る