資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Reon

2018年1月12日  08:50

電気契約

Bonjour! Reonです!

 

あっという間の4ヶ月でしたが、今回も手続きの話です。

今回は電気契約!

学生寮やCROUSを使われる場合はほとんどが光熱費込みだと思いますが、

私の場合は個人で電気契約を結ばなくてはなりませんでした。

 

寮に入る前に、電気の契約を結んでおくようにとのメールが届きましたが、

フランスで電気の契約する際には銀行口座を開設しなくてはならないので、

フランスに着いてからしばらくは契約していませんでした。

(幸運にもこの間は特に電気を止められたり、

大家さんに急かされるということはなかったです!)

何年か前までは「EDF」という会社が、

フランスの電気供給を全て担っていました。

EDFが今でも最大手なのですが、電力自由化がフランスでも始まり、

安さを売りにした会社もいくつか選べるようになりました。

 

その中で私は、「Direct Enregie」という会社にしました。

契約はネットでできるので、複雑ではないです。

口座の情報や、直前に部屋を借りていた人の苗字

(大家さんに聞けばすぐに教えてくれるはずです。)

などを入力して30分ほどで完了。

あとは確認のメールが来るのを待つだけ。

 

さて、フランスの電気料金のシステムですが、日本と少し異なります。

毎月一定の料金が口座から引き落とされ、契約が終わった時に

未使用分が口座に返還され、不足分は追加で自動で引き落とされるとのこと。

私のプランは一ヶ月30ユーロと、私は普段あまり家にいないので

一番安いプランにしましたが、特に不便はないです。

(最初に開設手数料たるものが40ユーロほどかかりました。)

電気契約というと難しいイメージがありますが、心配しないでください!

 

毎年様々な電気プランが各社から発表され、

毎年同じシステムとは限りませんが少しでも参考になれば嬉しいです!

 

20171220-reon-電気契約.jpg

今回の写真はリヨン名物の騙し絵。

街のいたるところにあるので巡ってみるのも楽しいですよ〜!

 

ではまた!

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る