資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Reon

2018年1月11日  08:50

フランスに着いてから

Bonjour! Reonです!

 

長い間更新していませんでしたが、久々に!

ようやくフランスに着いてからの出来事についてです!

 

名古屋—リヨン間の飛行機は何も問題なく無事に到着。

NUFSから同じくリヨン第三大学に留学するTomoeさんは前日に出発して、

ロストバゲージなど色々とハプニングにあったと聞きました。

(彼女のブログに詳しく載っています。読み応えあるのでぜひ笑)

リヨン空港から市内へは、リヨン第三の

日本語学科の学生が迎えに来てくれました。

これはおそらくオプションなのでどちらでも良さそうです。

お金はもちろんかかりません!

 

 

大きなキャリーケースを抱えたまま、まずは大学の国際交流部へ。

到着の確認や保険(やたら保険が多いんです!

何重にかけられてるんだってぐらい!)の支払いを済ませた後、

いざ10ヶ月のフランス生活の拠点のアパートへ!

こちらでは入退居する際に、「état des lieux」という

管理人のチェックが必ずあります。

帰るときはこれと同じ状態にしてね〜と言われ、あっけなく終了。

しかし実際に鍵を手にした時は、

海外での生活が始まるのだと強く実感しました。

 

 

私のアパートには管理人が常にいるわけではないので、

何かあった際は基本的にはメールでやりとりしています。

朝晩はもちろんすぐには返事は来ませんが、

なんでもすぐに答えてくださるのでとても感謝しています。

 

 

私の住んでいるアパートはmoublé といって家具家電付きで、

着いた当日に買った物は、枕とベッドシーツくらいでした。

面白いのは、この家具家電付きでも部屋によって設備がまちまちということ!

生活に最低限必要なものは揃っているのですが、

前の住人が置いていった食器や小さい家電があったりなかったり笑。

なんともフランスっぽいですが、そこは着いてからのお楽しみですね!

20171220-reon-学生パーティー.jpg

写真はいま住んでいるアパート主催の学生パーティー!

様々な専攻の人がいましたが、すぐに仲良くなれたので

本当におもしろかったです!

ではまた!

 

 

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る