資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

sarina

2019年5月17日  08:50

【33】留学決定まで②

こんにちは!カナダのノースアイランドカレッジに留学中のsarinaです!

今回は前回の続きで留学決定前までの流れ、特にTOEFLについてお話しします。

 

 

みなさんTOEFLを知っていますか?

TOEFLは私たちのように留学するために受ける学生、大学のクラス分けに使われるようなイメージです。似たような試験でTOEICというものがありますが、こちらはビジネス向けで、就活をする時に多く利用するイメージがあります。

私はTOEICという名前を聞いたことがあっただけで、TOIECもましてやTOEFLも詳しくは知りませんでした。

TOEFLにはITPiBTがあります。留学の申し込みのために受けなければならないのはITPの方です。ITPは学内で受験することが可能で、試験内容はリスニングとリーディングです。対してiBTはリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能が試される試験で、学内で受験することができません。

 

さて、前回お話しした通り、留学を申し込むまでにTOEFLの基準をクリアしなければいけません。

そこで、まずは入学してからTOEFLをすぐに受けて、そこで自分の実力を知り、勉強して点数を上げていくことをオススメします。

私の場合、夏休み後の試験を受けたら、基準を満たしていませんでした。申し込みまでに残された期間を考えると、あと1回のTOEFLしかチャンスが残っていなかったので、本当に焦りました。前回の記事でもお話ししましたが、早めに留学計画をたてて、しっかりとTOEFLを勉強する時間にあてることが重要だと私は思っています。

 

勉強の仕方に関しては人それぞれですが、私はひたすら問題を解きました。単語帳などで単語を覚えるのではなく、問題文中に出てきた分からない単語を調べて覚えるようにしていました。

 

一回の申し込みチャンスを逃すと、次のチャンスは必然的に半年後になってしまいます。

それを踏まえて自分がどの時期に留学するか考えてみてくださいね!

 

今回の写真は、海沿いにある公園で撮った写真です

20190406_sarina_33.JPG

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る