資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Yui

2017年12月25日  08:50

なぜSLC?

こんにちは!

セントローレンスカレッジに留学中のYuiです。

前回の記事で、留学動機と留学候補生になる過程について説明しました。

今回の記事では、その後どのようにして留学先大学を決めたのか、

またその後のハプニングについても投稿します。

 

 

TESSⅡ(スタンダード)留学の留学候補生に決定後、留学先を決めるために

協定校の中から留学希望先大学を最大10校挙げるように言われました。

候補生たちは各自で大学・学部を調べました。

私はまず、どこの国に留学したいかを決めました。

私は英語圏で北米の大学に留学したかったので、アメリカとカナダに決めました。

そして2か国の協定校の中から、私が勉強したかった

英語とホスピタリティー・ツーリズムが学べる大学を探し、

希望順に10校に絞りました。

なかには第7希望や第9希望の大学に決まる学生もいますが、

私は第一希望の大学、セントローレンスカレッジに決定しました。

 

 

しかし、ここで思わぬハプニングがありました。

まず、私たちはこの学校の留学制度を勘違いをしていました。

私は今ESLの中で一番上のクラスに属しているので、

ESL卒業後の1月から学部(プログラム)授業を受けます。

1つのプログラムのみに所属すると思っていたのですが、

自分が受けたい授業を様々なプログラムにまたがって受けることが出来るようです。

例えば、ビジネスのマーケティングプログラムの授業も

アカウンティングプログラムの授業も同時期に受けることが出来るということです。

 

 

そして、受けたかったホスピタリティー・ツーリズムのプログラムが

9月開始だったため受講できないということです。

私は今受ける授業を考えているところですが、

勉強したことがないビジネスに挑戦してみようかと思っています。

 

 

今回はここまで!

聞いた話によると、NUFSからセントローレンスカレッジに留学した学生の中で、

私たちが初めてESLを卒業した状態でプログラムの授業を受ける留学生だそうです。

NUFSの新しい協定校であることもあって情報が少なく、

事前に調べることが出来ませんでした。

留学を希望している学生の方は特に留学希望先の大学をよく調べ、

実際に留学した先輩に話を聞くことをお勧めします。次回も是非ご覧ください。

 

 

(写真はカナダで買った雪だるまの飾りです。)

20171204-yui.28.jpg

コメント

初めまして!
外大の2年に子供がいる親です
3年でカナダに留学する予定でいるのですが 初めての事で何もかもがわかりません

良かったらアドバイスこれからいただけますか? お願いします

katouさん

コメントありがとうございます!
私からお伝えしたいことは、適度な慣れが必要だということです。
慣れない土地で母語以外の言語を使って生活することは、いくら日本で英語を勉強しているとはいえ難しいことです。ですが、逆を言えば、少しずつでも慣れ始めればこちらのものだということです。私の場合は、時間と現地で出会った友達が解決してくれました。ESL(英語を勉強するプログラム)から開始するのであれば、そのプログラムが様々な背景を持った友達を作る絶好のチャンスです。なぜなら間違った英語を話すことが怖くありませんし、スタート地点とゴール地点がだいたい同じ学生が集まっているからです。学部授業から開始する場合でも、同じクラスに留学生が何人かいるはずですし、カナダ出身の先生や学生もその勝手を分かっているので心配ありません。日本の文化に興味がある学生も意外とたくさんいますよ!
また多民族国家であるカナダでは、様々なアクセントで英語が話されています。例えば私は今でも中国、インドのアクセントで英語を聞き取ることが苦手です。しかし、積極的に会話をして慣れることで留学開始時に比べて聞き取ることが出来るようになりました。おそらく自分が聞き取りにくいアクセントが分かると思いますが、これもやはり「慣れ」が解決してくれます。
ただ、慣れすぎるのも良くありません。慣れすぎて気を抜くと、思いがけないところでミスをしてしまうこともあるので、適度な慣れを心掛けてみてください。わからないことがあったら人に聞く。これも勉強です。慣れれば躊躇することもなくなります。
最後に…私はカナダに行くのは2回目だったのですが、初めての長期留学だったので分からないことが多々ありました。正直、結果何とかなります(こんな事をお伝えするのは良くないと思うのですが…(笑))あまり深刻に考え過ぎず、少し気楽に考える事も大切です。国際交流部を利用しながら留学準備頑張ってくださいね。

長文で失礼いたしました。

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

最近のコメント

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る