資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Arisa

2019年10月11日  08:50

#8 メルボルンの交通機関

こんにちは、メルボルンに留学中のArisaです(^^)/

今日は、メルボルンの交通機関のルールについて書こうと思います!

 

 

まず、メルボルンでの主な移動手段は、トラム、バス、そして電車です。

この3つの交通機関で、基本的にどこでも行くことができます。

そして、これらに乗車する際に必要となるのが mykiカードです。

mykiカード内にお金をチャージしておき、乗車する際にタップしてお金を払います。

バスと電車は降りる際にもう一度タップを、トラムの場合はする必要はありません。

このカードは、空港やコンビニ、シティ内の駅で$6で購入できます。

チャージは、それらの場所でお店の人に頼むか、トラムの停留所にあるチャージ機でできます。

 

 

続いて、料金について説明します。

距離や場所によって異なってきますが、バスと電車は片道$3~8ほどチャージしてあれば大丈夫です。

トラムの場合は少し複雑で、3つのルールがあります。

① メルボルン全体が、ゾーン1(シティ周辺)とゾーン2(ゾーン1より外側のエリア)に分けられており、

どのゾーン内で移動するかによって値段が変わります。

② 最初にタップした時間から2時間以内なら無料で何回でも乗り換えることができます。

③ 2時間以上後にタップした場合、1日料金になり、その日は何回乗ってもお金はひかれません。

④ メルボルンのシティ内は、フリートラムゾーンとなっており、どのトラムに乗っても無料です。

 

 

  2時間以内     2時間以降(1日料金)
ゾーン1 $4.10 $8.40
ゾーン1+2 $4.10 $8.40
ゾーン2 $2.80 $5.60

 

 

 

料金表はこんな感じです。

例えば、ゾーン1と2のエリアで移動するとします。

最初にトラムに乗車したのが10時だとすると、12時までは$4.10で何回でも乗り換えることができます。

そして、12時以降にトラムに乗ると、さらに$4.30 ($8.40-$4.10) ひかれます。

それ以降は、何時に乗っても料金がひかれることはありません。

つまり、1日最大でも$8.40 となります。

 

 

しかし、これらの交通機関はカードをタップしなくても乗れてしまいます。

運転手から見えない場所にタップの機械があったり、改札がタップをしなくても普通に通れてしまうからです。

そのため、インスペクターと呼ばれる警察のような人たちが毎日巡回しています。

乗車中にインスペクターに出会ったときは、カードのタップ履歴をチェックされ、

無賃乗車がバレると15000~20000円の罰金になります!

 

IMG_8772.JPG

d6eaf99d8f4ff5b98bd03c30c3e413bc9800ab5b.JPG

 

 

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る