資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Manami

2019年3月 7日  08:50

#22 Asking for helpの大切さ

こんにちは!

サザンクロス大学留学中のManamiです(^^)  

 

 

1500字レポート×3

 

2500字レポート×1

 

が無事に終わり、今学期の成績が出るのを待っています。

ベストは尽くしたので大丈夫!

 

 

本来なら1週間の試験期間と、1週間のオリエンテーションが設けられているのですが、

私は試験もなくオリエンテーションに参加しなくていいので2週間のお休みになりました。  

 

 

 

留学の折り返しということで、私が大事だな!と思った

asking for helpについてお話ししたいと思います。  

 

 

Asking for help=助けを求めること

という訳なのですが、先生方にたくさん言われます。

いい成績を残したい?

ask for help!

英語を上達させたい?

ask for help! といった感じです(笑)  

 

 

学部授業を最初からとるという決断をした訳ですが、

オリエンテーションの日にレポートの文字数を知って、

大丈夫か?自分...と呆然としたのを覚えています。  

 

 

今振り返ると全然心配しなくてよかったです。

2500字のレポートだって提出期限に余裕を持って仕上げることができましたし、

レポートの成績も好調です!

なぜなら助けを求めたから!  

 

 

SCUはサポートが本当に充実しています!

特に留学生に優しいサポートがたくさんあります。

私のお気に入りはStudiosity です。  

 

 

ここにレポートやエッセイを送ると、24時間以内に文法や構成の仕方、

適切な単語を使っているかなどチェックししてくれます!

学校のサポートなのでもちろん無料です!

課題を提出する前にチェックしてもらうことで、

より良いレポートに仕上げることができますし、

間違いからたくさん学ぶことができます!  

 

 

先生に直接メールを送るのもいい方法です!

日本ではあまりしませんよね?

SCUでは質問があればメールからでも答えてもらえます!  

 

 

実際、レポートの構成やキーワードにどのように答えればいいのか困った時がありました。

そこで、思い切ってメールしてみました。

するとわざわざクラスで直接レポートを確認する時間を設けてくれました!!

より良いレポートを書くアドバイスをもらうことができましたし、

しっかり質問にも答えているレポートに仕上がってるよ!

とも言ってもらえて自信をつけることができました!

思い切ってメールしてよかった!!と思いました。  

 

 

学校によってサポートは様々だと思いますが、

どの先生も生徒をサポートしたい!という気持ちは変わらないと思います!

困った時は躊躇せずask for helpしましょう(^^)  

 

 

内容とは関係ありませんが、

Surfers Paradiseで行われていたサンドアートフェスティバルに行ってきました!

どれも可愛く、ハイクオリティーでした(^^)  

 

IMG_8412.jpeg

 

IMG_8418.jpeg

 

 

今日はここまで!

 

See you(*^^*)

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る