資料請求
  • アメリカ
  • アメリカ:UCR特別留学
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フランス
  • 中国
  • その他の国

Himeka

2018年3月 8日  08:50

#9 ブリスベン必須! Goカード

 

こんにちは!

オーストラリアンカソリック大学ブリスベン校に留学中のHimekaです!

今回はブリスベン滞在中には必須のGoカードについてお話ししたいと思います!

 

 

(留学人のブログで先輩たちが既に書かれているかと思いますが…)

今回は自分が困ったことなども含めて、ブリスベンに訪れた際の参考になればなと思います!

 

 

Goカードを買う

 

来たばかりでは何もわからなかったので、私はホストマザーにお願いをして、

一緒に買いに行ってもらいました。

駅だけではなく、大きなショッピングモールでも買うことができます。

トランスリンク(ブリスベンの公共交通機関会社)のホームページを見ると、

どこでGoカードを買うことができるのか、検索することができます。

 

学部授業を履修する学生は学生割引が効きますが、

英語のコースをとっている間は大人料金をとられます。

どちらの場合でもこの青いAdultカードを買います。割引に関しては後に書きます!

 

 

20180224_himeka_19.jpg

 

 

チャージの仕方

 

これも私が困ったことです。

コンビニなどでもできるそうですが、私はチャージはこの機械で行っています。

 

20180224_himeka_20.jpg

 

バスのターミナルや駅には必ずあります。

さて、機械の前にたったはいいものの、どのボタンを押したらいいのか…?

チャージをするためには、Add Valueというボタンを押します!

そこからは機械に従って、カードをタッチし、チャージ金額の選択、

最後にもう一度カードをタッチします。

最初がわかれば簡単ですね!

ちなみにチャージは英語で「Top up」といいます。私は知りませんでした(笑)

 

 

料金の仕組み

 

詳しいことは私もよくわかりませんが、ゾーンによって料金が区切られています。

Goカードを使うこと自体で切符料金より30%割引になります。

更に学生用のconcession cardはその金額の半額。

さらに、1週間に9回乗ると、10回目からは金額が半額になります!(どのカードでも共通)

 

 

普通料金から学生料金への切り替え

 

上記に書いたように、語学学校の生徒や、大学でも語学コースをとっているうちは、

学生割引の対象にはなりません。(政府が定めています)

私は前期に語学コースを履修をして、後期から学部授業を履修なので、

途中から学生料金適用になります。

Tertiary students(大学生)はAdultカードを購入したうえで、

トランスリンクのホームページから学生料金の申請をします。

その際に自分のカードをオンライン登録しておくと便利です。

私は申請したものの料金が変わらなかったので、駅員さんに尋ねて、

解決してもらいました。

分からない時は駅員さんに聞くのが一番早いです(笑)

 

 

Goカードは使わなくなった際(帰国の際など)、

最初に入れていたデポジット10ドルと、カード内に残っていた残高を返してくれるので、

帰国の際には私も忘れずにしたいと思います。

 

 

私の書いたことが全て正解と限らないので、

とにかくわからなかったら聞いてみることが一番です(笑)

(料金の仕組みなども定期的に変わったりしています)

喋ったり聞き取ったりが苦手‥という人は、

メールや、フェイスブックから質問してみるのもいいと思います。

私は今でも電話だけはどうしても苦手なので、

直接聞くか、メールなどを使うようにしています(笑)

 

 

少しでも役に立てたらなと思います!

ではまた!

 

コメントを投稿

コメントは、承認を受けるまで表示されません。

※コメントについて

コメントは、大学の担当者(広報企画室)が確認をし、ことわりなく編集もしくは、掲載を見送らせていただく場合がありますのでご了承ください。

このページのトップへ戻る